福利厚生とは

福利厚生とは従業員の待遇を良くして、やる気を出してもらうためにあるものです。この制度があるのとないのとでは自己負担額がかなり変わってきます。給与とは異なり従業員は税金を負担しなくても済むので、是非ともあった方がいいものとなります。さらに会社がコストを負担すれば多数の人が使えますから、非常に効率の良い投資になることも多いです。

ただし福利厚生を厚くしすぎてしまうと一生懸命働いても、働かなくても良いという待遇になってしまうかもしれませんから過剰に良すぎるのも考えものです。あくまでも従業員にやる気を出してもらうためにあるという前提を忘れないことが大切です。誰もが負担しなければならなくて、会社に助けてもらいと思っているものは、住宅手当と食事手当てでしょう。

これらの二つは、少額しか認められませんが、是非とも導入しておきたいものです。

通勤手当に関してはこれも重要なものですが、既に導入している企業が多く、逆に導入していないと従業員に嫌がられる原因になりますから注意が必要です。他にも保養所やスポーツ施設などを有している企業もありますが、これらは大手だけでしょう。相当数の従業員がいなければ実現は不可能であるからです。大手の従業員だけの特権ですから、大手の会社の従業員であるならば、積極的に利用すると良いでしょう。ただし休暇に上司と顔をあわせるのが嫌だという意見もあり、一概に喜ばれている制度ではありません。

資格取得の費用を出したり、研修をすることも福利厚生の一部です。会社だけにしかメリットのないような研修ならばそうとも言えませんが、ほとんどの場合には、従業員のスキルアップに繋がる場合が多く、本人の能力開発を助けになることでしょう。

このような場合には立派な福利厚生であると言えます。育児手当や保育所の設備なども喜ばれるものになっています。しかし子供のいない従業員にとっては全く魅力がなく、無駄な出費として捉えられてしまう可能性もあるので、注意は必要です。なるべく平等であることが不公平感をなくするので、特定の人だけがメリットを得られるようなものは控えたほうがいいでしょう。現在では福利厚生よりも給与アップにしてもらいたいという人が多くなっています。

出費の仕方としては効率的な投資であり、従業員全員に平等にメリットがあるようなものでなければなりません。また従業員が利用し易く、やる気をだしてもらえるようなシステムにするようにしましょう。

失業保険に関しても知っておきたい

雇用保険の失業給付金とはどういった制度なのか、詳しくご存じないという方もいらっしゃると思います。会社を退職後の失業保険の条件や手続き方法など、知っているのと知らないのとでは退職後に大きな違いがあります。

» 失業保険ガイド: 雇用保険の失業給付金を受給する方法